毎日のお仕事ご苦労様でございます。
私共は(一般社団法人)国家資格対策センターと申します。

ご存知の事と思いますが、昨今の建築土木業界に於ける国家資格、
各種施行管理技士、最終合格率低迷には当センターと致しましても毎年忸怩たる思いを持ちながら拝見しておりました。

まず学科での合格率が約40%、そして学科を合格した人のみ受験出来る実地の合格率も約40%前後、両方とも合格という最終合格率=実地合格者数 ÷(実地受験者数+学科試験不合格者数)

もちろん各種、施行管理技士に依って若干の違いはありますが...

それはたった4~5人に一人の割合でしか合格者が出ていないという事になります。

果して何がいけなかったのでしょうか?

合格するためには別に100点を取る必要はありません。
ご自分が選んだ問題の中から、たった六割の正解を出せば合格となります。

ではなぜ毎年合格率が低いのでしょう?

今までの一般的な受験対策としては、
①独学
②通信教育
③専門学校
④短期講習会
などが受験対策の主流として毎年行われて来ました。

私共は過去行われていた受験対策とは全く違う観点から、インターネットを駆使した新しい受験対策を開発致しました。

まさにインターネット時代にふさわしいeラーニングシステムという動画による学習方法です!

スマホ、パソコン、タブレットなど、ご自分の得意な機種で、
ご自分の好きな時間に、ご自分の都合に合わせて何時間でも学習が出来るという事が大きな特徴です。

例えば、
①通勤電車の往復でイヤホンを耳に差し込みながら、
②会社の昼休みに、
③そして出張先で手の空いた時間帯に、
④ご自宅での暇なひとときに、
⑤又、就寝前の30分と、
いつでもどこでも何時間でも学習が出来ます。

はっきり申し上げまして、毎年の最終合格率の低迷は受験対策の選択ミスにあったのではないでしょうか?

来年新年になってからまたゆっくり考えようなどと思っている人は、きっとまた同じ失敗をします。

このご挨拶を読んで下さった「今日、今から!」来年の受験対策を開始すべきなのです!

合格率20%前後の各施行管理技士の国家資格とは、さきほど申し上げましたように90点も100点も取る必要はありません。
たった六割を正解すれば合格出来るのです!

但し、最終合格率20%前後という数字は、本気を出して取り組まなければ決して合格しない、レベルの高い挑戦である事は間違いありません。

とても二日間や三日間の短期講習会や独学、また通信教育などでの合格は難しいのかも知れません。

毎年の合格率がそれを物語っています。

私共のeラーニングは専門学校に似ていますが、
全国各地に教室を展開する家賃も、事務員を置く人件費も必要ありません。

なにより教室までわざわざ出掛けて行く時間の節約にもなります。

ですから価格帯も専門学校に比べると1/3や1/4の受講料で提供出来るのです。

申し込んだその日から試験日まで毎日好きな時間に好きな場所でご利用になれます。

御社様の来年度の受験対策は、ぜひ私共国家資格対策センターにお任せ下さい。